まつぼっくり

「高血圧」で医療機関未受診が約半数(医療介護CBニュース)

 高血圧と診断されながら治療のために医療機関を受診していない人が約半数に上ることが、医師や農学系の研究者らのグループの調査で明らかになった。受診しなかった理由については、「生活習慣を変えることで改善しようと思ったから」が35.4%で最も多かった。

 調査を行ったのは、「糖転移ヘスペリジン・ビタミンP研究会」。昨年11月20-22日にインターネット上で実施。リサーチ会社に登録している人から無作為に選んだ「血圧が正常値」な20-40代の男女300人と、「高血圧の診断経験がある」20-40代の男女300人から回答を得た。

 それによると、高血圧と診断された経験がある人に対し、治療のために医療機関を受診したかを聞いたところ、「受診した」は52.0%にとどまり、約半数が受診していなかった。年代別に見ると、受診した人が最も多かったのは「40代」の58.0%で、以下は「30代」50.0%、「20代」48.0%と続き、年代が下がるほど受診率は下がる傾向があった。
 病院を受診しなかった理由については、「生活習慣を変えることで改善しようと思ったから」が35.4%で最も多かった。以下は、「自覚症状がなかったから」(27.1%)、「放っておいても問題が無いと思ったから」(12.5%)、「治療費が高額になると思ったから」(10.4%)が続いた。

 また、高血圧の診断経験がある人に日頃、血圧値を気にしているかを聞いたところ、「気にしている」は52.3%で、「気にしていない」(「あまり気にしていない」「全く気にしていない」)が47.7%に上った。


【関連記事】
高血圧症予防を目指し「塩を減らそうプロジェクト」が発足
最主力の高血圧症治療剤が24%増―第一三共4―9月期決算
新規作用機序の降圧剤を発売―ノバルティスファーマ
血圧測定で半数が「脳卒中リスク」
高血圧・狭心症治療の新薬発売―ファイザー

<大逆事件>管野スガの書簡見つかる 幸徳秋水の無罪訴え(毎日新聞)
普天間移設先に徳之島浮上、首相「白紙」強調(読売新聞)
福知山線事故 当時の支社長ら「不起訴不当」の議決(産経新聞)
山崎拓氏・片山元総務相ら公認せず…自民決定(読売新聞)
<通貨偽造>金庫の1万円札抜き取り、コピーを戻す 孫逮捕(毎日新聞)
[PR]
by wu7yhyidbo | 2010-02-01 07:19

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧