まつぼっくり

舛添氏がみんなの党を批判 渡辺氏も反論(産経新聞)

 新党改革の舛添要一代表は12日のBS番組で、みんなの党について「『第二民主党』という論文を書く人もいた。渡辺喜美代表との決定的な違いは、自分の敵のナンバーワンは小沢一郎民主党幹事長だ。渡辺氏はそう思っていないから、小沢氏と組める」と批判した。また「みんなの党は役人たたきが前面に出過ぎている。役人はよく使いこなさなくてはいけない」とも述べた。

 これに対し渡辺氏は、12日夕の記者会見で「民主党とはアジェンダ(政策課題)が相当違う。安易な連立の組み替えに応じない。舛添氏も、こういう『覚悟の集団』を学んでほしい」と反論した。

【関連記事】
舛添カレッジ、離党後も継続を確認
舛添氏提案の“野合”には乗らず
舛添代表「消費税10%以上がトレンドだ」
みんなの党、東京選挙区にタリーズ設立者、松田公太氏を擁立
「民から官へ」の逆行許すな 仕分け、内容伴わず
少子化を止めろ!

政府答弁書 輿石氏の農地違法転用で「原状回復措置を講ずべき」(産経新聞)
<掘り出しニュース>明治から続く医院、画廊に 岐阜・池田(毎日新聞)
賞味期限切れ菓子5箱、1か月間にわたり販売(読売新聞)
19日に日豪ACSA締結 東京で2プラス2(産経新聞)
キセル乗車、西武鉄道は19人…36人処分へ(読売新聞)
[PR]
by wu7yhyidbo | 2010-05-18 17:53

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧