まつぼっくり

米国立墓地を訪問=花輪落下のハプニング−菅財務相(時事通信)

 【ワシントン時事】菅直人副総理兼財務相は22日午後(日本時間23日未明)、米国の戦没者を追悼するため、ワシントン郊外のアーリントン国立墓地を訪問した。鳩山政権下では岡田克也外相に次ぎ2人目で、次期首相をうかがう実力者の立場を米国にアピールする狙いがあったとみられる。
 ただ、無名戦士の墓に献花する直前、花輪の一部が落下するハプニングも。日米関係は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題でぎくしゃくしており、順風とは言えない現状を象徴するかのような光景となった。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

ES細胞で動脈作られる仕組み発見 京大研究チーム(産経新聞)
社民の反対集会派遣に不快感=平野官房長官(時事通信)
覆面パト事故、出動のきっかけは拉致虚偽通報「彼の気を引きたくて」(産経新聞)
「子ども殺した」と母出頭=車内で死亡した男児発見−福島(時事通信)
日医連の参院選対応、結論持ち越し(医療介護CBニュース)
[PR]
by wu7yhyidbo | 2010-04-24 08:25

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧