まつぼっくり

東大寺 春の夜焦がす「おたいまつ」 二月堂のお水取り(毎日新聞)

 古都・奈良に春を呼ぶ東大寺二月堂(奈良市)の修二会(しゅにえ=お水取り)が1日、本行入りした。午後7時ごろ、夜の勤行の始まりを告げる長さ約6メートルの「おたいまつ」が舞台欄干に現れ、夜空を焦がした。

【写真特集】東大寺も他の神社仏閣も 日本の世界遺産

 奈良時代から途切れることなく続く法会で、今年で1259回目。15日未明の満行まで、練行衆(れんぎょうしゅう)と呼ばれる11人の僧が、本尊の十一面観音に祈りをささげる。

 おたいまつは、練行衆が二月堂に続く石段を上がる際に足元を照らす道明かりで、付き人の「童子(どうじ)」が担ぐ。おたいまつは14日まで毎晩続く。【花澤茂人】

【関連ニュース】
【東大寺の行事を写真で】お身拭い(8月)
【東大寺の行事を写真で】お水送り
【東大寺を写真で】霧に包まれる東大寺大仏殿
東大寺:法華堂の須弥壇、創建以来初の本格修理へ

自動車盗で再逮捕=ブラジル人の男4人−名古屋ひき逃げ・愛知県警(時事通信)
神戸高専で生徒飛び降り、自殺か 期末試験の答案返却日(産経新聞)
軽い気持ちで… 大麻少年の具体的事例(産経新聞)
北教組幹部逮捕 民主・小林議員「非常に残念」 (産経新聞)
診療報酬改定に不満表明、民主議連の桜井会長(医療介護CBニュース)
[PR]
by wu7yhyidbo | 2010-03-04 16:42

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧